So-net無料ブログ作成

鈴鹿8時間耐久ロードレース [モーターサイクル]

前記事で、オートバイの鈴鹿8時間耐久ロードレース(8耐)に触れましたが

何だか学生の頃の思い出が沸々と・・・

8耐は、文字通り、8時間走りきる耐久レースです

炎天下で約200周

ワークスとプライベーターが走ります

通常のレースでは転倒やマシントラブルの場合は、リタイヤしますが

8耐は、完走を目指すので、ピットまで帰り、修理して再スタートを目指します

でも、ライダーが押して帰らないと失格なのです

コースは、約6km

どこで止まるかによりますが、炎天下で重いマシンを押すのは、大変な事です

転倒して怪我をしている場合は、更に過酷です

スタートから8時間が経過すると暗くなり、ライトを点灯しての夜間走行に

ライダーは、大変ですが、ライトが幻想的なんです

チェッカーの後、ウイニングラン、表彰式、シャンパン・ファイト

そして、最後に花火が・・・

 

 

YouTubeで島田紳助さんのチームの映像(最終レース1995)を見つけました

島田紳助さんのファンではありませんが

皆、同じ様に熱い思いでした

少し長い映像ですが、興味のある方は、ご覧ください

泣けます・・・

 

 

そんな熱い8耐も今年から唯一残ったワークスが、撤退

プライベーターだけのレースになります


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。