So-net無料ブログ作成

懐かしの Japanese フュージョン 角松敏生 [Fusion]

70年代後半~80年代にかけて

日本でもジャズ、ロック、ポップスが融合したカテゴリ

フュージョンが流行りました

(当時は、クロスオーバーと言われていました)

当時は、ほとんど聴いていませんでしたが

角松敏生は、なかなか聴き心地が良く、好きなミュージシャンです

特徴は、ヴォーカルが中心なところ

Girl in the Box  2003年 横浜スタジアム

バッキング・ミュージシャンも凄い

サックスは、本田雅人

ドラムは、村上ポンタ秀一 私と同じ西宮市出身

ツインドラムに分厚いホーンセクション

圧巻のライヴです

曲のリリースは、1984年

バブリーで音楽も活気のある時代でした


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。