So-net無料ブログ作成

★予約が取れない焼き鳥店@渋谷 [居酒屋]

友人から連絡があり、以前話しに聞いた焼き鳥の名店のお誘いでした

場所は、渋谷

初めて見た話題の最新商業施設・ヒカリエ

RIMG0038.jpg

 

RIMG0046.jpg

そのお店は、スクランブル交差点の脇にあります

昭和の臭いがする のんべい横丁

RIMG0041.jpg

実は、この横丁で飲むのは、初めてです

RIMG0043.jpg

RIMG0044.jpg

お店は、鳥重さん 節電かこちらのお店の看板だけ消灯されています

RIMG0040.jpg

友人から聞いていたのは、「美味しい」の情報だけ

事前に調べたら、これが相当大変なお店でした!

たまにある 「ルールのあるお店」 全て店主が手動なんです

基本のルールは、自ら何かを発する事は、許されず、店主から聞かれてから物事が始まる

これは、手ごわいぞ! と気合を入れてのぞみました

ただ、ご一緒した友人の妹さんは、昔からのお客さんなので、ちょっと安心

小さなカウンターだけのお店で、普通なら6名くらいのキャパに11名が入ります(汗

で、3回転/日

我々は、2回転目の19時30分の予約でしたが、一向に前のお客は終わる気配が無い

これも日常だそうです

■ルール1  外で待つ時は、お店の路地だと他店に迷惑がかかるので、車道に出て待つ

やっと前のお客が出たのが、20時30分! 1時間のディレイ

■ルール2  名前を呼ばれるまで勝手に入ってはいけない

座ると本当にギュウギュウ 身動きが取れません!

L字の角のお客さんは、完全に2重(2列)になってるし・・・

店主は、お年を召した女性

上品な感じで、想像していたのとは異なって口調も丁寧でやさしい

■ルール3  前のお客の片づけを手伝う、そして布きんで拭く

ここで、ビール! と言いたいとこですが、じっと我慢、しゃべってはいけません

まずは、オーダを聞かれますが、メニューは、ありません

我々は、3名で、やわらかい肝(レバー)、おしり(ぼんちり)、心臓(ハツ)、だんご(つくね)、合鴨

そして刺身(ささみ&白レバー)

店主は、焼きはじめ、その後、うずらの玉子入りの大根おろしが出てきます

■ルール4  大根おろしは、全部食べてはダメ 最後の鶏スープ用に残しておく

お酒は、まだまだ我慢!

焼きあがるタイミングでお酒の注文を聞かれます

ビール、ワイン、日本酒、焼酎があります

我々は、ビール1本 時間を空けてワイン

ここにもルールが

■ルール5  過度のアルコールはNG

我々もワインをお代わりをお願いしたのですが、「そのくらいにしておきましょう」 

と一旦、断られましたが、「じゃあ半分ね」 と半分だけ注いでもらいました

食事をする店で飲むお店ではないという事なのか・・・

肝心の焼き鳥は・・・ どれも絶品です!

特にレバー、ハツ、合鴨は秀逸

刺身の白レバーに至っては、超絶!

甘くてトロ~リ、臭みなど皆無

最後は、キュウリとカブのお漬物と鶏スープ

1本が大きいので、お腹も一杯

レバーが大好物なので大満足

お値段も一人2000円弱と信じられない設定です

営業中も予約をしに尋ねて来るお客さんが

今年で閉店するそうで、現時点で開いているのが、12月だって・・・

しかも、一見さんは、NG

時計は、22時30分  次の回は、21時30分~なので1時間遅れ

このお店は、完全に常連さんのお店ですね

店主も口調は、やさしいのですが、ご自分の考えややり方は、曲げないというかハッキリ物事を言いますね

我々の回は、4組だったのですが、異常なまでに店主に気を使っていました

ちょっとビックリ

そんな中、友人の妹さんは、古いおつきあいなので、店主と平気で話をしているし・・・

料理は、最高でした

そして様々なルールと店主とお客のやりとりや空気が面白かった!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。